いちご狂想曲

アクセスカウンタ

zoom RSS 読み聞かせ

<<   作成日時 : 2016/12/20 22:27   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

小学校の読み聞かせに行って来ました。登録から半年、しかし今日でまだ2回目、最初は見習いでベテランさんと組ませていただいたので、1人で読むのは今日が初めてでした。

デビュー…。数日前に唐突に5年生にあてられてしまった時には度肝を抜かれました。本来、自分の子供のクラスに入れること、万が一無理でもお隣のクラスとか1学年下とか近い学年に組ませてくれ、いきなり高学年にあてられることはないと聞いていました。自分の子供が小さいと、高学年の子に何を読んだらいいのかさっぱり分からないからです。それにうちは一人っ子なので、まず、優先して自分のクラスに入れていただけるとのことでした。今日の予定は三ヶ月前から立てており、当然、子供のクラスで読めると思っていましたし、三ヶ月前のお話では読ませていただけるとのことでした。

それが数日前、自分のクラスに入れていただけなかったばかりか、あろことか高学年に付けられてしまって、その日はほとんど眠れませんでした。しかし、急きょ調整していただき、何とかちびたんのクラスで読み聞かせデビューを果たせることとなりました。

ママの練習に付き合ってくれたちびたんは大喜び、「今日は一緒に学校に行くんでしょう。」いつもはのんびりしているちびたんも、時間厳守で出発してくれました。「じゃあ、また。」門の前で解散しました。

駐輪して小学校の校舎に入ると、次々に児童が登校して来ました。低学年の子の方が屈託なく話しかけてきてくれます。やはり、5年生で読むのはきついと思いました。

お時間近くになり2年生のお教室の廊下に移動すると、ちびたんがお席につかず廊下に出て来て「まだ入っちゃだめだよ。」と言ってきました。浮かれているのが分かります。自分の母親が学校に来てくれて嬉しいなんて、まだまだ可愛い盛りです。今しか出来ないことがあります。読み聞かせもかけがえのない体験です。

お時間前でしたが先生がいいと仰るので中に入りました。皆がお椅子を寄せて座っていました。「ちびたんのお母さんだ。」皆が口々に言う中で、ちびたんは「間違えんなよ。」とか「やんなっせ」とか、1番後ろに座っている割に、得意気にはしゃいでいました。

そして、本日の日直もちびたん、大当たりです。「気をつけ〜。」「宜しくお願いします!」皆もお辞儀をします。「宜しくお願いします!」

「いのちをいただく」

持ち時間15分なので、13分かけて読み切りました。普段、読み聞かせで読まれない重たい内容の本に、生徒達はシーンとなって聞き入ってくれました。低学年に方言は分かりにくいと思いましたが、原文のままで十分理解してくれました。ちびたんに突っ込まれる「やんなっせ」も出て来ました。

終わってからも笑顔のちびたんでしたが、聞いている時は泣きそうになったと言っていました。

夕方、ちびたんを迎えに行くと、「ママ、読み聞かせ、頑張ったね!」と、いの一番に褒めてくれました。ちびたんの笑顔がママの原動力です。

読み聞かせにおきましても、なかなか学校に行く機会がないのですが、機会があればよりいっそう頑張ります。





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
読み聞かせ いちご狂想曲/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる