いちご狂想曲

アクセスカウンタ

zoom RSS はじめてのスキー

<<   作成日時 : 2016/02/21 21:10   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

「ちびたんの日記より」

日曜日に○○区のスキーツアーにさんかしました。ぼくはずっとスキーをしたかったので、ものすごくたのしみにしていました。あさ5時におきてでん車にのりました。1えきでおりてかいだんをのぼるとちょうど6時で、大きなバスがとまっていました。スーツケースをあずけて、同じツアーの目じるしのスカーフをうけとり、バスにのりました。おせきはきまっていてまえから4ばん目でした。バスの中はあたたかくてコートをぬぎました。

6時15ふん、よていどおりにしゅっぱつしました。まだよるでした。

バスであさごはんをたべました。おにぎり2こと、ペットボトルのお水がくばられました。ぼくとママのおにぎりはシャケと五目でした。おかわりをしたらシャケとお赤はんのおにぎりのパックがきました。お赤はんをすこしたべてママにあげて、ぼくはシャケのおにぎりをたべました。いえからもってきたいちごのとうにゅうジュースものみました。外はだんだん明るくなりました。

どの山もきりがかかっていました。山のかべに「5」とかかれた山があったので、ママにおしえてあげました。いちいちママをおこしてしまいました。けっきょくママはねていなくて、ぼくだけすこしねました。パーキングエリアでおしゃしんをとりました。

雪はまったくありませんでした。てんじょういんさんが「この山だよ。」といっても、みちのはじにすこし雪があるだけでした。せんしゅう、ぐんまけんに雪あそびにいった時にはたくさんの雪があったので、どこで雪がでてくるのかふしぎにおもいました。

きよさとスキーじょうにとうちゃくしました。ちゅうしゃじょうにも雪はありませんでしたが、むこうに雪山が見えました。バスをおりるとさむくてコートをきたかったけれど、ママがおそろいでおしゃしんにうつりたいというのでがまんさせられました。しゅうごうしゃしんをとったあと、はんごとにおしゃしんをとってロッジにいきました。

ロッジできがえるにもなにをきたらいいかわからず、何回もママをよびにいきました。ママのきがえがさいごになってしまったので、ぼくはロッジのろうかをフラフラしていました。たのしみでなりませんでした。

ママのおしたくがおわると、いたとくつをかりにいきました。そうこみたいなところで、たくさんの人がいてなにがなんだかわかりませんでした。じぶんのどうぐをさがすのがたいへんでした。

スキーぐつをはくとあるきにくくなりました。それでもがんばってあるいて雪山に入りました。

さいしょのスキーきょうしつで、もうスキーがいやになりました。足がいたいしおもいし二どとやりたくないとおもいました。

そんなときにママが○○さんと上にあるいていくのが見えました。ぼくはおいかけていきました。ぼくがゆきの上でねていたら、ママがぼくのところにやってきました。ママが「せっかくだからやりなさい。」といっても、ぼくは「いやだ。」といいました。ママは「ママとやりましょう。」といいましたが、ぼくは「もうスキーはしない。」といいました。ママはぼくをはがそうとしましたが、ぼくはねたままはりついておきませんでした。

やがて、ぼくは雪であそぶことにしました。そのとき、○○さんも「雪あそびをしよう。」といいました。そして、小さなゆきだるまをサッとつくってぼくにくれました。ママが「すべる方がおもしろいわよ。」というと、○○さんが「それじゃあ、いっしょにすべってこよう。」といいました。「おじさんがささえるからだいじょうぶだよ。下までサァーっとすべってみよう。」というので、おもしろそうだとおもってストックをもちました。「ストックはいらないよ。」といわれました。

ぼくは○○さんにささえられてすべりました。ものすごくたのしかったです。○○さんは「せ中をうしろにそってごらん。」といいました。それでスキーのコツがわかりました。コツがわかるとすぐにすべれるようになりました。○○さんはうしろにいてあぶないときにはまもってくれました。いやだった気もちはすっかりわすれてしまいました。たのしくてたのしくてしかたがありませんでした。

ついにじぶんの力だけですべりました。今すべってきたみちをふりかえりました。あんなにながいみちを1人ですべることができました。まんまえに青空と山がありました。左を見るとふじ山がありました。とうきょうで見るふじ山とはぜんぜんちがいます。ふじ山をこんなにちかくで見たのははじめてです。

○○さんはリフトののり方もおしえてくれました。なつにリフトにはじめてのった時もたのしかったけれど、スキーでのるリフトもおもしろかったです。

リフトをおりると、○○さんは右の方をさしました。そこはぼくがすべり出したばしょでした。ママがおなじばしょにずっとたっているのが見えました。ぼくはをママをめがけてすべっていきました。ママはカメラをぼくにむけました。ぼくはうれしくてブレーキをかけてだきつきました。ママはびっくりしてよろこんでいました。

そのあとはじぶんひとりですきにすべりました。スキーが大すきになりました。

おひるになると、ママとロッジにもどりました。おひるごはんはカレーライスでした。からかったけれど二回おかわりをしました。デザートはコーヒーゼリーをえらびました。ママは大すきないちごゼリーをとったけれど、ぼくにくれました。

ごごもたくさんすべりました。うしろでママが○○さんにおそわりながらすべっていたので、リフトにいっしょにのりたくてまちました。ママとリフトにのれてよかったです。その時に○○さんが、ここの雪は人工雪だとおしえてくれました。

あっという間に3時15分になってしまいました。先にあがったていたママは、ぼくをまっていました。そしてハンディイカムでぼくをとっていました。

あとはきがえてバスにのりました。バスではビンゴゲームをしてコアラのマーチをもらいました。サービスエリアでソフトクリームを買ってもらいました。ゆっくりたべていたらなだれがおきて大へんなことになりました。バスで見たDVDもおもしろかったです。ほんとうにたのしい1日でした。

もしも、あのとき、あきらめでいたら、ぼくは二どとスキーをしなかったとおもいます。がんばってれんしゅうをしてよかったとおもいました。こんなにすばらしいことがあるのだとわかりました。これからも、たくさんすべりたいです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
はじめてのスキー いちご狂想曲/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる